幾何学(きかがく)模様・・カーテンのコンフォートです。

幾何学模様のイメージ

幾何学(きかがく)模様のファブリックスです。モノトーンに比べてちょっと深みが増します。

幾何学は形状の度合いが行き過ぎるとインテリアとの調和がしずらくなる可能性があってなかなか選ぶのが難しい柄ですね。こちらでは合わせやすい柔らかい幾何学をご用意しました。

細かい模様は各色別にもありますので色別ページもご覧下さい。

1

画像をクリックすると色違いと製品価格がでます。

image
3
g540
:¥2,100/m・100cm
:ポリエステル100
不織布のような風合いと無機質のテクスチャーの遮光カーテンです。淡いカラーで遮光というめずらしい組み合わせです。
ウォッシャブル
やや厚い
image
4
g533
:¥2,250/m・100cm
:ポリエステル100
草模様のような細い模様が全体にちりばめられています。直線やわざと作った曲線ではなく自然な感覚で柔らかい幾何学模様です。このシリーズは全て遮光性能が施されています。
ウォッシャブル
やや厚手
image
3
g5087
:¥2,320/m・146cm
:ポリエステル100
太い五月雨を織りで現したかのようなタテの幾何学模様です。幽玄的な奥行きのある印象の遮光布地になっています。
ウォッシャブル
やや薄手
image
4
fa6822br
:¥4,800/m・150cm
:ポリエステル100
スクエアの型を点々と縦に上下に並べて、全体にきかがくのようなデザインに仕上げています。現代アートのようなインパクトがあります。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
2
claridge4
:¥5,800/m・149cm
:ポリエステル45 アクリル系55
光沢グリーンとベージュのモールで作られたエレガントな曲線デザインです。ヨーロッパのデザインを意識して、カラーリングもヨーロッパ風味です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
2
f6595
:¥8,700/m・140cm
:ポリエステル100
大変手の込んだ複雑織りでざっくりのあじろ風デザインを作っています。暖かいラフな雰囲気を最高級の素材と織りで作り上げています。
ウォッシャブル
厚手タイプ
image
4
bump747
:¥12,800/m・140cm
:ポリエステル100
モダンでおしゃれな究極のきかがくデザインです。リバーシブルにも使える実用高級地です。イタリア製
ウォッシャブルではありません
やや厚手
image
4
bump748
:¥12,800/m・140cm
:ポリエステル100
とても贅沢な幾何学です。しっかり織り込んだ厚手コットンのような手触りです。イタリア製
ウォッシャブルではありません
やや厚手
image
4
bump749
:¥12,800/m・140cm
:ポリエステル100
シルバーとベージュのコンビネーションの味わいのある手織り感覚の高級織り地です。きかがく模様の最高級モダン地です。イタリア製
ウォッシャブルではありません
やや厚手
image
4
bump750
:¥12,800/m・140cm
:ポリエステル100
個性的で手の込んだ織りとデザインの高級幾何学です。究極のハイクオリティインテリアに。イタリア製
ウォッシャブルではありません
やや厚手
1

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
理想のインテリアを実現しても、維持できずだんだんごちゃごちゃになってしまうことがあります。それを防止するためには、好きなインテリアと、インテリアを維持するためにできることとのバランスをとることです。
例えば生活感のないすっきりしたインテリアにしたはずなのに、生活感あふれるものが散らかっていたら気分も台無しです。
その場合は、自分にとって片付けやすい収納システムを用意するか、ものが多少出ていても気にならないようなインテリアコーディネートにするかなどを考えるようにしてみましょう。
また小物をあれこれ集めるのは好きだけど、お掃除の時間はあまり取れないというような時はケースの中に飾ればお掃除する回数は少なくてすみますし、いちいち小物ひとつひとつを手にとって掃除しなくても大丈夫です。
また掃除のしやすさを念頭に入れたインテリアコーディネートをするという考え方もあります。収納やソファーの下に掃除機が入れやすいか、ラグマットが簡単に洗えるか、カーテンはウォッシャブルタイプになっているかなどです。
インテリアを自分好みのままに維持できるかどうかの前提に、自分と自分の家族の生活パターンを改めて考えてみることも役立ちます。暮らしの中で何気なくやってきたこと、長い時間すごしてきた場所などを考えると、暮らしの中の不都合さもクローズアップされるかもしれません。自分や家族の要望を満たしてこそ理想のインテリアは継続ができていきます。
特にリビングは家の中のパブリックなスペースですので、家族がそれぞれの私物を置きっぱなしにしてはいけない空間のはずなのですが、実際は個人的なこまごましたものが混在してしてたり、あまり使っていない雑貨がずっとテーブルにあったりするのが普通ではないでしょうか。
そこでちょっと頑張って、家族皆の持ち物を普段使うものと、そうでないものとに区別し たり、どうしてもテーブル周辺で使いたいもの、リビングの収納にしまいたい頻度のもの、自室ですぐに取れるようになっていればいいものに分けてリビング収納の大きさを考えましょう。
リビングはくつろぎの場所なので、収納は圧迫感のない低めのものがお勧めです。複数の収納を設置する場合は、高さや奥行きを合わせましょう。カーテンのラインに合わせてもスッキリします。