シルバーベージュ・・カーテンのコンフォートです。

クールクリアな実例

ベージュの中でも少しシルバーがかった白っぽさのあるベージュのファブリックスです。

さっぱりした印象のお部屋ができます。クールやクリアなインテリアコーディネートを目指すならホワイト色や金属系の材料と合わせるとはまりそうです。さしカラーにブルーもいいですね。

普通の濃さのシルバーはシルバーのページでご紹介していますのでシルバーも是非チェックしてください。

微妙な色合いや質感は無料サンプルでご確認をどうぞ。

1

画像をクリックすると色違いと製品価格がでます。

image
11
g3459
:¥2,000/m・100cm
:ポリエステル100%
完全な無地でキメの細かい地の遮光です。カラー違いでもう少しイエローがかったタイプ、明るいタイプもあります。
仕上り参考価格(税別)
W200×H100
ワンタック ¥8,570
1.5倍ヒダ ¥11,300
W200×H180
ワンタック ¥13,250
1.5倍ヒダ ¥17,530
ウォッシャブル
やや厚手タイプ
image
7
g552
:¥3,250/m・150cm
:ポリエステル100
ライトシルバーまたはシルバーベージュです。シンプルで落ち着いた横の織り無地に光沢が合わさっています。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
10
g8067
:¥3,700/m・150cm
:ポリエステル100%
ベージュの中でも落ち着いたほんのりシルバーが入った色合いです。やさしいカジュアル感覚の窓辺になります。
ウォッシャブル
標準タイプ
image
6
sd7292
:¥3,750/m・150cm
:ポリエステル100%
目の荒いウールのような表面とシックカラーを合わせた裏地のついたです。
ウォッシャブル
やや厚手タイプ
image
6
fa6231nl
:¥4,000/m・150cm
:ポリエステル100
手作り感のある太い横糸を微妙な間隔違いで配置した、凝ったシックデザインで遮光になっています。落ち着いたシルバーカラーです。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
3
p1369
:¥4,000/m・150cm
:ポリエステル100
落ち着いた柔らかいカラーに上品な光沢がかかったハイクオリティな遮光シリーズです。しっかりとしたキメのつんだ無地です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
6
pf2260be
:¥4,200/m・147cm
:ポリエステル100%
落ち着いた控えめなカラーのベージュです。ノーマルなプレーン遮光ですが、生地のしなやかさと繊細さが高級をかもし出します。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
3
m5445
:¥4,400/m・156cm
:ポリエステル100
細いストライプのナチュラルな雰囲気プラスシックなデザインの遮光です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
8
t0061
:¥4,500/m・100cm
:ポリエステル100
上品でモダンなストライプ柄のテクスチャーです。光沢とベース地との対比もきれいです。

標準的な厚さ
image
3
fe6512nl
:¥4,900/m・138cm
:ポリエステル100%
微妙なカラー違いで構成されたシルバー系ベージュで、カラーに深みがあります。ざっくりとした表情ですが、光沢が織り込まれていてラフなのに高級感が漂っています。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
4
fe6606sb
:¥5,000/m・139cm
:ポリエステル100%
織り込んだやわらかいウールのような質感のナチュラル系で、何気ないラフな中に優雅な雰囲気を保っています。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
4
bump749
:¥12,800/m・140cm
:ポリエステル100
シルバーとベージュのコンビネーションの味わいのある手織り感覚の高級織り地です。きかがく模様の最高級モダン地です。イタリア製
ウォッシャブルではありません
やや厚手
1

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
インテリアコーディネートをして、内装の材料や家具、カーテン、小物などの調和をはかることに気を配ると、部屋を広く感じさせることができます。
ひとつの部屋に個性の強いカラーばかりを使ったり、デザインやスタイル、カラーに共通性の無い家具やライト、カーテンなどを組み合わせると、ちぐはぐな印象の仕上がりになってしまいます。
コーディネートを充実させるポイントとして、それぞれのインテリアの分量を気にしてみましょう。例えば狭い部屋に大きな家具を置くと、不釣合いなだけではなく、動くのも大変なのでしないですね。縦方向の空間、吹き抜けのある部屋なら、縦を生かす工夫もできます。
カラーの分量比も重要です。組み合わせがよくても、分量がよくなくて、ちぐはぐに見えることもあるからです。
素材の持つ質感を合わせることも調和をアップさせることにつながります。質感とは暖かい、冷たい、硬い、柔らかいなどの与える感覚のことで、ガラスのテーブル、木のテーブルの違いや、革張りのソファー、布張りのソファーの感覚の違いなどを考えれば、なるほどと思うはずです。ちょっとしたポイントを押さえて上級コーディネートを目指してください。