モダンなホワイト、白・・カーテンのコンフォートです。

画像をクリックすると色違いと製品価格がでます。

image
6
su4088
:¥3,400/m・150cm
:コットン100%
ナチュラルそのもの、コットン100の無地ホワイトです。生成りのようなアイボリー系もあります。

標準的な厚さ
image
11
kme2274
:¥3,700/m・150cm
:ポリエステル100%
太い織りでタテヨコざっくりと織り込んで、リラックスした感触の布地感を出しています。真っ白ではなく優しい色合いの白です。
ウォッシャブル
やや厚手タイプ
image
45
fa201651
:¥4,200/m・147cm
:ポリエステル100%
純白ホワイトのモダンな輸入地です。まるで紙かのような張りのあるめずらしい地で、ドレッシーでハイセンスなインテリアになります。

標準的な厚さ
image
45
fa2016nw
:¥4,200/m・147cm
:ポリエステル100%
アイボリーホワイトの美しいカラーーと存分な光沢がマッチして、つやっぽいあでやかさを出しています。大変個性的なパリッとした質感の輸入無地です。ベルギー製

標準的な厚さ
image
4
d3314
:¥4,300/m・140cm
:ポリエステル100(フィルムラミネート)
青みの入ったクールなホワイト色の遮光1級地です。スタジオや研究室など家庭以外の空間でも利用の多い生地です。
ウォッシャブルではありません
薄手タイプ
image
8
fp218001
:¥4,300/m・148cm
:ポリエステル100%
高貴でエレガントなホワイトです。存在感がたっぷりの光沢のハリのある薄手地です。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
8
fpf2190nl
:¥4,500/m・150cm
:ポリエステル100%
モダンなシルバーホワイトです。柔らかく撫ぜたときにうっすらと感じる起毛の感触がハイクラスを実感させます。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
40
w250001
:¥4,900/m・141cm
:綿100%
柔らかい清潔感のあるホワイトです。起毛のテクスチャーがホワイトをソフトに仕上げています。イタリア製

やや厚手
image
5
w2530nw
:¥4,900/m・139cm
:麻30%レーヨン70%
リネンとレーヨンのミックスで、リネンだけより厚手でしっかりした織物になっています。ざっくりとした質感でナチュラル感たっぷりです。ベルギー製

麻としては厚手
image
5
renova14
:¥5,600/m・138cm
:麻100%
さわやかな明るい白のリネンです。ポリエステルの白に比べてグッとリラックスします。ベルギー製

標準的な厚さ
image
16
i47201
:¥5,800/m・138cm
:ポリエステル100%
洗練されたカラーとやわらかいマットな表情がミックスされた大人のためのエレガンスな輸入地です。

やや厚手タイプ
image
9
w2550nl
:¥5,800/m・138cm
:麻30%レーヨン70%
リネン素材にレーヨンをプラスしてよりしっかりした張り感のある地に仕上げてあります。穏やかな天然ホワイトです。

標準的な厚さ
image
5
wf2510wh
:¥7,200/m・141cm
:綿50%麻50%
ナチュラルな素材からかもし出るリラックスホワイトです。キメの細かさと布地の厚さ、柔硬さが絶妙なバランスの最高級地です。イタリア製

標準的な厚さ
image
6
pallos34
:¥9,200/m・138cm
:レーヨン66、ポリエステル18、綿16
やわらかいクリームがかったホワイトの高級モール織りです。イタリア製ならではのセンスです。
ウォッシャブル、防炎ではありません。
厚手タイプ
image
8
t6101
:¥10,200/m・150cm
:ポリエステル100
アイボリーホワイトのウールと麻のような風合いがおしゃれな高級ポリエステルです。
ウォッシャブル
やや厚手

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
スノーホワイトは1000年以上も前から使われていた名称です。雪の降る地域の人であれば誰でもがはっきりと思い浮かべることのできるカラーで、名称にするのはとても自然なことだったのでしょう。
ミルキータイプはヨーロッパで使われていました。生活の中から自然に出てきたカラー名であることがよく分かります。日本では乳白色ということになりますが、最近はミルクホワイトのほうが一般的です。
白いカーテンはいつも大変人気です。シンプルでシャープなインテリアにするのにはもってこいのマテリアルです。カーテンだけでなく部屋全体をホワイト系で占めるとまるでプロデザイナーの部屋のようになります。ただ同時に真っ白すぎると疲れてしまうので、息抜きに小物など小さなグッズで穏やかカラーを溶け込ませるのも忘れずに。