ハトメ・・カーテンのオーダー通販コンフォート

生地を選んで自由にオーダーするハトメカーテンです。
穴のあいた金属をハトメといいますが、この金属を生地に縫い込んでカーテンポールを通して下げるようにしたカーテンがハトメスタイルです。
円筒型のウェーブがすっきりと出て、カーテンなのにカチッとしたウェーブでブラインドのような質感を与えます。シャープでスッキリとした空間を演出したいときにお勧めのスタイルです。
ハトメの大きさは2.5cm、4cmの2種類がありますので、ポールの太さに合わせてお選びください。

ハトメの写真
ハトメの窓

製品の仕上がり価格例

g817の色違い
¥950/m 100cm幅の生地の場合

ハトメ2.5 200×100 ¥16,400(税別)
ハトメ4.0 200×100 ¥18,720(税別)

ハトメ2.5 200×180 ¥25,440(税別)
ハトメ4.0 200×180 ¥29,040(税別)
g5387の色違い
¥1,300/m 137cm幅の場合

ハトメ2.5 200×100 ¥16,920(税別)
ハトメ4.0 200×100 ¥19,330(税別)

ハトメ2.5 200×180 ¥26,150(税別)
ハトメ4.0 200×180 ¥29,880(税別)



ハトメ

ハトメ4.0はハトメの穴の内径が4cm、ハトメ2.5はハトメの穴の内径が2.5cmになります。

横幅はご希望サイズの1.4〜1.5倍の生地を使って作りますので、ポールに通して掛けた時にほどよいウェーブが出るようになっています。

ハトメは金具を打ち込む手作業があるため、通常のカーテンに比べ加工代が高額になります。同じタイプのウェーブを出し、かつお安いスタイルにフラットがあります。そちらもご覧ください。


内径4cm
ハトメ4.0
シルバー色

内径2.5cm
ハトメ2.5
シルバー色

計り方

ヨコ・・ポール、掛けるところの両端の長さをヨコサイズとしてください。ゆとり分として約5%を加える場合もあります。例えばヨコ100センチのハトメを注文すると、こちらでウェーブの生地量を加えますので、仕上がりは140〜150センチになります。 

タテ・・ポールの一番上のところからカーテンの下までのサイズでご注文ください。スソは、床まである大きい窓はは床か数センチ上がったあたりまでです。腰までの窓は下窓枠から10cm〜20cm加えたところまでです。極小の窓はバランスを見てもう少し少なくしてください。

生地の継ぎ目、縫い合わせについて

インテリア生地の反物は100〜150cmでできていて、ほとんどのカーテンはその範囲内で作れませんので、横に生地を縫い足していくことになります。ですので、横幅の極小なもの以外はタテラインに縫い合わせが入ってきます。これは洋服のアームや脇の部分に縫い合わせがあるのと同じように生地製品の特徴で、プラスティック樹脂のようにつぎ目をなくすことはできません。また継ぎ目の位置、本数は様々な要因で決まり一定ではありません。

特注で縫い合わせの位置をご指定いただくこともできますが[製品価格プラス特注分約20〜30%]、ハトメは普通のヒダのように、形が固定されていないので、継ぎ目を目立たないようにすることはできませんので意味がありません。

ご注文予定の生地、サイズの組み合わせにつぎ目がはいるかどうか考慮する場合には、先にメールでお問い合わせください。

自動お見積り時に

お見積もりの際にフックつけ方について選ぶところがあり、天井付けor正面付けにチェックするようになっていますが、ハトメはフックがつきませんので関係ありません。ページの構成上どちらかを選んでお進みください。