ブラウンベージュ・・カーテンのコンフォートです。

おしゃれな実例

うすブラウンの落ち着いたベージュ系のファブリックスです。

しっとりとしたエレガントな雰囲気になれます。柔らかい暖かな印象の家具を持ってくるとぴったりはまりそうです。

ブラウン、茶色のページでも明るめのブラウンやベージュっぽいブラウンのご紹介がありますのでそちらもチェックしてください。

1

画像をクリックすると色違いと製品価格がでます。

image
28
g3600
:¥1,300/m・100cm
:ポリエステル100
ブラウンがかったベージュです。遮光3級の遮光性能があります。他にも色々なベージュがありますので、色違いをご覧ください。用途の広いプレーン地でインテリアコーディネートしやすいカーテン地です。
ウォッシャブル
やや厚手
image
11
a8079
:¥2,200/m・150cm
:ポリエステル100
リラックスインテリアによく合う、優しく落ち着いたベージュカラーで、かつ輝きを放っています。上品さを兼ね備えたモダンプレーンです。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
30
g8085
:¥2,500/m・148cm
:ポリエステル100
少し濃いタイプのベージュです。ちょっと落ち着いてるけど、茶色は濃すぎるなというときにピッタリです。
ウォッシャブル
標準タイプ
image
25
fa207003
:¥3,000/m・152cm
:ポリエステル100%
ブラウン系のベージュ、サンドベージュと呼ばれるブラウンに近いダークなベージュです。軽い光沢と布地の軽さと落ち着いた色合いが上手に組み合わさっています。
ウォッシャブル
薄手タイプ
image
7
fe2620sb
:¥3,500/m・150cm
:ポリエステル100%
ナチュラル感あふれる天然ふうの無地です。コットンやリネンのようなカラーと風合いですがポリエステルのウォッシャブルタイプです。
ウォッシャブル
標準タイプ
image
27
g3646
:¥3,900/m・146cm
:ポリエステル100
上品なブラウンベージュです。華麗な雰囲気をカラーとキラキラした光沢感でかもしだしています。ベージュ系のカラー違いが他にもあります。
ウォッシャブル
薄手タイプ
image
6
sd3413
:¥3,900/m・150cm
:ポリエステル100%
ナチュラル感のあるブラウン系です。ざっくりとしたプレーンにシックさが加わった遮光です。
ウォッシャブル
やや厚手タイプ
image
10
t6548
:¥4,500/m・150cm
:ポリエステル100%
ブラウンとベージュの中間のようなゴールドを落ち着かせたような合わせやすいカラーの全色遮光シリーズです。
ウォッシャブル
厚手タイプ
image
20
fp250005
:¥4,900/m・141cm
:綿100%
優しい穏やかな落ち着いたベージュで日本製ではなかなか見かけないカラーです。高級感漂うイタリアのコットンです。

やや厚手
image
4
t6542
:¥5,100/m・150cm
:ポリエステル100
ローズがかったような穏やかなベージュです。ハイクオリティなシンプル無地の遮光です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
4
renova501
:¥7,400/m・138cm
:麻100%
こちらも輸入ものの、リネン100%の完全な天然素材です。全4カラーでホワイト、アイボリー、ベージュなどやさしいカラーの展開です。ベルギー製

標準的な厚さ
image
8
keegan23
:¥8,800/m・140cm
:綿43%レーヨン42%ポリエステル15%
ブラウン系のベージュ、やさしく落ち着いた、輸入のハイセンスな色合いの厚手コットン混です。
ウォッシャブル、防炎ではありません。
厚手
image
14
pallos31
:¥9,200/m・138cm
:レーヨン66、ポリエステル18、綿16
ローズ系の穏やかなベージュの高級モール織です。イタリアならではの微妙な色合いです。
ウォッシャブル、防炎ではありません。
厚手タイプ
image
8
t6105
:¥10,200/m・150cm
:ポリエステル100
麻で織り上げたように見える風合いをポリエステルで表現しています。カジュアル&ナチュラル感たっぷりの高級布地です。
ウォッシャブル
やや厚手
image
14
g3666
:¥13,800/m・120cm
:ポリエステル100
しっかりとしたビロード地です。フォーマルな空間をコーディネートします。
ウォッシャブル
やや厚手
1

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
部屋を広く見せたいけれど、家具が多くてなかなか思うようにいかないことがよくあります。
一般的にゆったりと暮らすためには、部屋に占める家具の割合は30%ぐらい、多くても40%ぐらいまでにするのがいいと言われています。家具がそれより多い場合は、不必要な家具が無いかどうか、いっそ家具を減らすことを考えることも重要です。しかし家具の量がそれ以下なのに、部屋が狭く感じてしょうがないという場合はレイアウトについて考えてみましょう。
部屋の広さを狭く感じさせる要因のひとつが、床の見え方についてです。床にまとまったスペースが見えれば部屋は広く感じられ、逆に家具などが散らばって存在していると狭く感じられます。家具を1面の壁にまとめて並べ、ソファーも他の壁面に付けるなどしてまとまったオープンなスペースを作るようにしてみましょう。
壁面が少ない場合には腰窓の下に収納を並べる方法もあります。カーテンが当たらない程度の低い位置にきれいに揃えて置けば、統一感もでます。場合によっては対面のいくつかのソファーを全て壁面に並べてしまうような大胆な手段も考えてみてはいかがでしょう。レイアウトの変更で見違えるほど見え方が変わります。