ストライプ・・カーテンのコンフォートです。

ストライプのインテリア写真

こちらはストライプ柄のカーテン地です。

軽シャープな印象が欲しいとき、ちょっとスッキリした雰囲気を出したいときに。遮光のストライプもあります。

1

画像をクリックすると色違いと製品価格がでます。

image
6
cm05705
:¥2,800/m・150cm
:ポリエステル100
個性的なピンストライプです。細いストライプを7本づつ組にし、表裏に出して、デザインの濃淡を出しています。個性的な窓辺が演出できます。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
2
g8569
:¥3,100/m・150cm
:ポリエステル100
カフェオレブラウンの合わせやすいカラーに織りのストライプが合わせてあり、軽いスッキリ感が出ています。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
2
g8570
:¥3,100/m・150cm
:ポリエステル100
落ち着いたブルーと細いストライプが一ひねりの使いやすい遮光1級です。色違いの明るいブラウンも遮光になっています。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
3
g8110
:¥3,250/m・141cm
:ポリエステル100
穏やかベージュにグレイッシュベージュのストライプがのったシャープでモダンなデザインです。
ウォッシャブル
やや薄手
image
3
g8111
:¥3,250/m・141cm
:ポリエステル100
シックなシルバーの濃淡ツートンストライプです。優しさとさわやかさを兼ね備えた使いやすいイメージです。
ウォッシャブル
やや薄手
image
3
g8112
:¥3,250/m・141cm
:ポリエステル100
チャコールのような深い茶色のストライプです。ざっくり感とストライプが丁度良く合わさっています。
ウォッシャブル
やや薄手
image
3
frc15802
:¥3,600/m・140cm
:ポリエステル100
ナチュラルなテイストでストライプというめずらしいデザインの輸入生地です。何気ない上質感があります。
ウォッシャブルではありません。
標準的な厚さ
image
3
kme2109
:¥4,000/m・150cm
:ポリエステル100%
アイボリー一色の織を変えたストライプです。スッキリしながらも奥行きのあるテクスチャーです。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
3
kme2110
:¥4,000/m・150cm
:ポリエステル100%
細かな織で作ったストライプと落ち着いたグリーンがマッチした上品なデザインです。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
3
kme2111
:¥4,000/m・150cm
:ポリエステル100%
つやっぽいきれいな光沢の同色ストライプが載っています。ダークなブラウンとともにモダンな表情です。
ウォッシャブル
やや薄手タイプ
image
3
m5445
:¥4,400/m・156cm
:ポリエステル100
細いストライプのナチュラルな雰囲気プラスシックなデザインの遮光です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
3
m5446
:¥4,400/m・156cm
:ポリエステル100
シックで自然体なピンストライプです。同系色のツートンで、濃い部分と薄い部分は同じ幅の繰り返しです。全3色の遮光です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
3
m5447
:¥4,400/m・156cm
:ポリエステル100
渋い同系カラーによるストライプ地です。落ち着いて見れる細さと間隔で、実用性のある遮光です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
8
t0060
:¥4,500/m・100cm
:ポリエステル100
アイボリーカラーに光沢のシルバーが合わさった贅沢な美しいピンストライプです。

標準的な厚さ
image
8
t0063
:¥4,500/m・100cm
:ポリエステル100
上質で都会的ななピンストライプです。光沢のある糸で個性的な組み合わせを出しています。

標準的な厚さ
image
2
p1354
:¥4,700/m・150cm
:ポリエステル100
幅広のストライプで、同系カラーですが、織りと光沢で差をつけています。安心感のあるデザインで落ち着いた雰囲気になります。こちらは遮光2級です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
image
2
p1355
:¥4,700/m・150cm
:ポリエステル100
遮光のストライプです。幅の広いデザインですが、落ち着いたカラーでまとまっているので、シックなイメージになっています。こちらは遮光1級です。
ウォッシャブル
標準的な厚さ
1

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
部屋入ったときに広く見せたい時は、遠近法の考えを取り入れてみましょう。人の目は大きく描かれたものを手前にあるように感じ、小さく描かれたものを遠くにあるように感じることを利用した、絵で使われる考え方ですが、インテリアにも応用できます。
例えば壁面に設置するキャビネットや収納は、背の一番高いものを手前に置き、一番低いものを一番奥に、大きなダイニングテーブルは手前に置き、小さなリビングテーブルは奥になど、奥に行くにしたがって家具を小さくしていきます。すると実際の奥行きよりもっと奥行きがあるように感じられるレイアウトとなります。もし一番奥に窓があったらテーマカラーのカーテンをぜひ持ってきましょう。
ところで、カーテンやソファーなどの大きなインテリア製品の購入には大変お金がかかりますが、予算的に難しいからといって、妥協した安いものを一気に買い集めてしまうのはあまりお勧めしません。
その製品を見て暮らしていくうちに、チープ感にげんなりしてしまうことになりかねないですし、いやになって買い換えることになったら、安物買いの銭失いになって、結局無駄な出費をすることになります。
そこでそんな時には、一度にインテリアコーディネートを仕上げることを考えずに、1、2年かかってもいいから、納得のいくものをじっくり集めていくという考え方をしてみてはいかがでしょう。
生活するうえでどうしても必要なもの、新居の場合はたぶんカーテンあたりからになりますが、また今あるものでとりあえず過ごせるものなどの、使用上の優先順位をつけて、その高い順に、ある程度のクラスの納得のいくものを少しずつ求めていく方法です。
そして揃うまでの間、決して投げやりになるのではなく、どうすればいかに快適で、見た目もおしゃれに過ごせるかを積極的に考えましょう。また小物などはリーズナブルでも、それが部屋全体のグレードを落としてしまうことはないので、気に入ったリーズナブルなものがあったら、是非積極的に取り入れて部屋の雰囲気を上げていきましょう。