カラー

[1mあたりの生地価格]3000円/m   [幅]150cm
つややかでしなやかな光沢の柔らかく美しいドレープです。 優しい手触りとカラーはエレガントさの極地、カーテンにしたときの滑らかなウェーブが高いクオリティをかもし出して、その場を贅沢な空間に変身させます。薄手ですが、手にのせたときの存在感はしっかりあります。カラーは全てヨーロピアンテイストの大人っぽい落ち着いたトーンで、上品な光沢とどれもぴったり合っています。裏地は表の光沢がない落ち着いたマットカラーになっています。日本製
[品質]ポリエステル100    [厚さ]やや薄手です。    [機能]ウォッシャブル 防炎
[カラー]br ブラウン ch ベージュ cl シルバーピンク gy ローズブラウン lb グリーンシルバー nw ホワイト pu パープル sl シルバー
[リピート]タテ0 ヨコ0 cm   [寸法変化率]水洗い タテ-0.5%、ヨコ-0.5% ドライ タテ-0.5%、ヨコ-0.5%

自動見積もり・ご注文

生地番号選択
スタイル選択

詳細

/ / / / / /
ヨコ(cm)

cm   例)228(cm)
タテ(cm)

cm   例)210(cm)
数量

 窓分
開き方
フック
タッセル

今までに見積もりした生地

お見積もりした生地はありません。

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
カーテンとインテリア
オープンキッチンでリビングからキッチンが丸見えになるようなレイアウトの場合、キッチン用品で乱雑になっていると、せっかくのリラックススペースが台無しになります。
そこでリビングから見えても平気なおしゃれキッチンにするため、ひと手間をかけてみましょう。まずキッチンを「見せる収納」にするのか、「隠す収納」にするのかを決めることから始めます。どちらがより決まるということはなく、好みですのでどちらでも大丈夫です。「隠す収納」にする場合は簡単です。キッチンにある道具など、今リビングから見えているものをできるだけ収納して、見えなくしてしまうのです。収まりきらないものは、収納を増やす工夫をするか、思い切って使わない物を処分するかのどちらかです。
ただ、やみくもに何でもどこへでも隠してしまっては、使う時に大変不便になります。サッと出せてサッとしまえることを第一に考えて、収納の位置と形状を工夫することになりますね。出し入れにストレスを感じないことが、隠す収納を長続きさせるコツです。
どうしても頻繁に使うものだけは出しっぱなしにするのもいいと思います。ただその場合は数を少なく、用途を考え厳選するのが鉄則です。出しっぱなしにするので、カラーや形をそろえたり、とびきりおしゃれでお気に入りのものに買い換えたりし、出していても乱雑な要素を持たせないようにするのがコツです。
次に、「見せる収納」ですが、これはあえて物を隠さず、飾ることを楽しみながら収納する方法になります。リビングとキッチンに一体感をもたせるには、リビングの雰囲気にキッチンを合わせることが大切です。
北欧風やカントリー風、モダンリビング、カフェ風などテイストを1本にして、カーテンや家具を合わせます。自分の好みを先にしっかり決めておくと、インテリアにばらつきがなくなり、統一感が生まれます。
テイストが決まれば、キッチングッズをなるべくそのテイストのものに合わせてそろえていきます。たとえば北欧風なら、北欧風のデザインの調味料ボトルやカップなどをオープン棚にきれいに飾り、リビングから眺めてもうれしくなるようにするのです。
見せる収納といっても、何でも出しっぱなしでは、ただの片付いていないキッチンにってしまいます。雰囲気や形、カラーなど、どこかに統一感を持たせるのがコツです。どうやってもきれいに飾れないものは隠します。きれいに飾れると自分でも楽しくなり、掃除もおのずと頑張れるようになるものです。
そして気づいたらずっと眺めていたいと思うキッチンの出来上がり。カーテンを代える時がこんなことを考えるいいタイミングです。