カラー

[1mあたりの生地価格]3750円/m   [幅]150cm
織りで出した細い横ラインと軽い光沢が組み合わさって、ソフト感とモダン感を合わせ持った上品な心地よさを出しています。しなっとした感じの薄手タイプですが、ベージュとグレーは遮光地になっています。裏は光沢糸が目立たたない同じカラーになっています。日本製
[遮光の等級 ※こちらに出ていない生地は遮光になっていません]g8119 3級   
[遮光性能]1級:99.99%以上、人の表情が識別できないレベル。2級:99.80%以上、人の顔あるいは表情が分かるレベル。3級:99.40%以上、人の表情は分かるが事務作業には暗いレベル。   
[品質]ポリエステル100   [厚さ]やや薄手タイプです。   [機能]ウォッシャブル 防炎
[カラー]g8114 アイボリー g8118 シルバー g8119 ダークベージュ 
[リピート]タテ4.3 ヨコ0cm   [寸法変化率]水洗い タテ-1.0%、ヨコ0% ドライ タテ-1.0%、ヨコ0%

自動見積もり・ご注文

生地番号選択
スタイル選択

詳細

/ / / / / /
ヨコ(cm)

cm   例)228(cm)
タテ(cm)

cm   例)210(cm)
数量

 窓分
開き方
フック
タッセル

今までに見積もりした生地

お見積もりした生地はありません。

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
インテリアコラム
お部屋のインテリアを北欧風やカントリー調など温かいイメージに統一していても、パソコン回りだけは無機質な空間となり、浮いてしまうことがあります。その原因の一つはパソコンやマウスのカラーです。パソコンは赤、黒、白が多いですが、白ならば壁紙に溶け込み、ほかのインテリアのカラーの邪魔もしないので、まわりに合わせやすいでしょう。でも赤や黒などのパソコンのカラーが浮いてしまう場合には、使っていない時にカバーリングする方法があります。インテリアに合わせたカラーや柄の布で覆ってしまうのです。 次にパソコンデスクです。これも、無機質なものを選ばず、周りの家具に合わせたデザインのものを選ぶといいです。あえて「パソコンデスク」と名のついていないおしゃれなテーブルを選ぶのもいいと思います。
書類ファイルや文房具などが乱雑に積み重ねられていると落ち着きがなくなるので、パソコンデスクの上は何も出しっぱなしにしないことを心がけると、リラックスできるスペースになります。では、書類ファイルや文房具たちはいったいどうすればよいのかということですが、引き出しやボックスの中など、それらを収納できるスペースをきちんと作り、スペースが取れないものは処分することです。どうしても出しておかないといけないものは、カラーや形、材質を統一するとスッキリします。白ならすべて白に統一すれば、たとえ出しっぱなしになっても案外気にならないものです。
ただ同じカラーばかりだと単調になるので、そこに差し色を一色加えるとポイントになります。たとえば観葉植物の鉢や単色使いのオブジェなどを飾るといいです。また、同じ書類ファイルや収納ケースが並ぶと、どこに何が入っているのかわからないので、かわいいマスキングテープやスタンプを使いラべリングすると、温かい雰囲気になります。最後にパソコンを置くと、どうしても配線が乱雑になり目障りです。そんな時は配線がなるべく見えないように工夫をしましょう。配線をまとめてくれるケースやグッズが売られていますので、利用するのもいいでしょう。