カラー

[1mあたりの生地価格]3400円/m   [幅]150cm
触ると自然にリラックスできるコットン100のプレーンです。誰もが考える綿のイメージをそのままに、少し柔らかい触り心地が気持ちよさを増幅させます。目のつんだ平織りは表裏ほとんど同じで、顔を近づけてようやく気づくレベルです。完全にマットな綿素材になります。
コットンはナチュラルな風合いを楽しめる半面、ポリエステルなどの合成繊維に比べて収縮やしわの点でマイナスな面もあります。お洗濯、クリーニング、また湿気、紫外線など、お使いの環境でも大きな収縮をおこすことがあり、表示の収縮率を大きく上回る場合もあります。収縮を心配される場合は、ゆとりあるサイズでお作りいただくのが無難です。ヨコはゆとり分を大きく加える、タテもゆとり分を大きく加える、またはフックの縫い方を天付け→正面付けに変える(開閉がしずらくなることがあります。)のいずれかになります。
[品質]コットン100%    [厚さ]標準的な厚さです。   [機能] ウォシャブルではありません。防炎ではありません。
[カラー]su4088 ホワイト su4089 生成りアイボリー su4090 ベージュ su4091 チャコールグレー su4095 グリーン su4096 パープル
[リピート]タテ0 ヨコ0 cm   [寸法変化率]水洗い タテ-2.0%、ヨコ-2.0% ドライ タテ-0.5%、ヨコ-0.5%

自動見積もり・ご注文

生地番号選択
スタイル選択

詳細

/ / / / / /
ヨコ(cm)

cm   例)228(cm)
タテ(cm)

cm   例)210(cm)
数量

 窓分
開き方
フック
タッセル

今までに見積もりした生地

お見積もりした生地はありません。

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
カーテンとインテリア
綿は昔も今も人気のカーテン生地です。天然ならではの手触りは私たちをリラックスさせてくれます。
綿はアオイ課の植物の名前です。ハイビスカスや野菜のオクラも同じ種類です。高さ1mぐらいの1年草で、種を植えるところから育てて、2、3ヶ月でつぼみ、花が咲き、その後しばらく経ってからコットンボールと呼ばれる白い綿ができます。
同じ綿花でも短い繊維しか作らず、利用できないものも含めて沢山の種類があります。土地への適応性や、品質の向上性、また多く取れるようにするなど、品質改良が行われてきました。
同栽培はとても手間のかかるもので、土壌作り、栽培中の天候、害虫など神経を使うことがたくさんあります。綿の繊維はほとんどがセルロースでできています。細長いセルロースの分子が集まっていて、隣のセルロースの分子の束と結合して壁ができています。そしてその壁が層になり綿を作り上げているので、それが綿の吸水性や吸湿性の良さになっています。
同この自然の創造物のメカニズムゆえに、安らぎを覚える肌触りが得られています。綿糸にするには、手間をかけて栽培し、取れた綿からチリや葉などを取り省き、繊維が薄く均一になるようにならします。次に何本かを重ね合わせて引き伸ばし、ロープ状にして、そこから糸を引き伸ばして、生地を作るための糸に仕上がります。
この長い工程の手間で出来上がった生地だからこそカーテンなどのファブリック製品になったときの居心地良さが出てくるのでしょう。