カラー

[1mあたりの生地価格]2600円/m   [幅]150cm
まだらなヨコ織りの霜降りが、ベースカラーより少し濃くアトランダムに入っていて、それがベース地とからんで自然な味わいをかもし出しています。あくまでもやわらかい安心感のあるイメージの無地調の遮光カーテンです。落ち着いて味わいのあるテクスチャーで、しっとりとした雰囲気の空間を演出します。近くで見ると素朴で、どこか懐かしい和の雰囲気の香りがただようような印象で、落ち着いたシックなカーテンに仕上がりますが、和の場だけではなく、落ち着いた渋いイメージのナチュラル系のインテリアを作り上げるパーツとしても使えます。遮光裏地の張った2枚仕立てとなっていますが、手触りは柔らかく、手にしっとり馴染むような感触です。ブラウンの裏地はブラウン系の光沢無地の裏地が、イエローベージュの裏地は明るいシルバー系の光沢無地になっています。日本製
[遮光の等級 ※こちらに出ていない生地は遮光になっていません]g8598 3級 g8599 2級   
[遮光性能]1級:99.99%以上、人の表情が識別できないレベル。2級:99.80%以上、人の顔あるいは表情が分かるレベル。3級:99.40%以上、人の表情は分かるが事務作業には暗いレベル。   
[品質]ポリエステル100%   [厚さ]標準的な厚さです。   [機能]ウォッシャブル 防炎
[カラー]g8598 イエローベージュ g8599 ブラウン
[リピート]タテ0 ヨコ0cm   [寸法変化率]水洗い タテ-0.5%、ヨコ0% ドライ タテ-0.5%、ヨコ0%

自動見積もり・ご注文

生地番号選択
スタイル選択

詳細

/ / / / / /
ヨコ(cm)

cm   例)228(cm)
タテ(cm)

cm   例)210(cm)
数量

 窓分
開き方
フック
タッセル

今までに見積もりした生地

お見積もりした生地はありません。

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
カーテンとインテリア
カーテンを架け替えたら、お部屋の雰囲気をもっと良くするために、フラワーを活用してみましょう。通常の家具や家電製品だけでインテリアを考えようとすると、どうしても雰囲気が単調になってしまうことが多いので、フラワーを活用することでインテリアに華やかさを加えることができます。
フラワーの飾り方は色々な方法があります。まずは花瓶にフラワーをさす方法があります。この方法でフラワーを飾ることが出来るメリットは、色々なフラワーを飾ることが出来ることです。その時の旬なフラワーを飾ることも出来ますし、自分が好きな花言葉のフラワーを飾るといったようなことも出来ます。
花瓶にフラワーを飾る時は、まずは花瓶とフラワーのデザインの相性を見るようにしましょう。花瓶のカラーは通常ではホワイトが多くなっていますので、ホワイトならインテリアにもフラワーにも馴染んで飾ることが出来ます。花瓶は水が入っているものですので、家電製品の近くでは倒してしまって故障の原因ともなりますので、家電製品の近くに置くことは止めましょう。猫を飼っている場合でも、猫が倒してしまう可能性がありますので、他の方法で飾ることを検討しましょう。
花瓶ではなくて鉢植えでインテリアを華やかにする方法があります。鉢植えは成長するフラワーを飾りますので、出窓といったように日光が当たる場所に設置すると、フラワーの成長にも良い影響を与えることが出来ます。
鉢植えのカラーはブラウンやホワイトが基調のものが多いので、そのカラーに合っているような場所に置くことで、自然なインテリアにすることが出来ます。
その他には造花でフラワーを飾ることが出来ます。造花の最大のメリットは、成長していない作りもののフラワーですので、普段のフラワーの世話をする必要がないことです。水も必要ありませんので、猫を飼っている方でも安心して飾ることが出来ますし、家電製品の近くにも飾ることが出来ますので、テレビの横に設置して無機質になりがちなテレビ周辺のインテリアを華やかにすることも出来ます。