カラー

[1mあたりの生地価格]4800円/m   [幅]150cm
華やかで品質の高いゴールド、シルバーとパープル、ブラウンのしっかりとした厚手遮光地です。全てまばゆく美しい輝きを放って、上品かつゴージャスなデザインになっています。国内でのデザイン、製作ですが、ヨーロッパのデザインに近く、このレベルのテクスチャーを、もしフランス、イタリアメーカーから求めるとすれば、¥10,000/mは超えてくると予想されます。どんな空間でもこの生地ひとつで、美術館やホテルのような特別な場へ変身させてくれる力のあるデザイン性です。手に持った感じはしっかりしていて存在感を感じさせます。裏地は、表地の光沢を無くし、少しトーンを落として、落ち着いた色になっています。合わせるインテリアは、クラシックやフォーマルなものはもちろん、モダンな家具やソファーもよく合います。モノトーンと合わせてもおもしろいです。アジアン風に合わせれば、ハイクオリティなエスニックになります。反面、例えば白木家具のようなナチュラル系、ピンクフリルのようなプリティー系、ブルーホワイトのクールカジュアルなどは相性が悪いです。日本製
[遮光の等級 ※こちらに出ていない生地は遮光になっていません]NO1 2級、NO2 2級   
[遮光性能]1級:99.99%以上、人の表情が識別できないレベル。2級:99.80%以上、人の顔あるいは表情が分かるレベル。3級:99.40%以上、人の表情は分かるが事務作業には暗いレベル。   
[品質]ポリエステル100%   [厚さ]厚手タイプです。   [機能]ウォッシャブル 防炎
[カラー]1 シルバーゴールド 2 ブロンズ 3 パープル 4 ブラウン 5 シルバー
[リピート]タテ0 ヨコ0cm   [寸法変化率]水洗い タテ1.5%、ヨコ-4.5% ドライ タテ0%、ヨコ0.5%

自動見積もり・ご注文

生地番号選択
スタイル選択

詳細

/ / / / / /
ヨコ(cm)

cm   例)228(cm)
タテ(cm)

cm   例)210(cm)
数量

 窓分
開き方
フック
タッセル

今までに見積もりした生地

お見積もりした生地はありません。

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
カーテンとインテリア
ソファーを置いて、カーテンをかけて、さてもうすこしインテリアコーディネート力をアップさせようと思ったら、写真のデコレーションはいかがでしょう。
額縁はふちが広めのものがお勧めです。大きな写真になればなるほど、幅の広い額縁に飾ると写真がとってもきれいに見えます。
そして、ウィンドーマットを使うことを是非お勧めします。ウィンドーマットを使うときには、マットの厚みがあって、斜め45度にカットされているものを使うと写真や絵がとても素敵に見えるので、ウィンドーマットは必ず使ったほうがいいです。
写真を部屋に飾るときには、いろいろな額縁に入れて、棚に置いたり、壁に飾ったりしますが、写真を楽しんで飾るためには、いろんな素材のものを並べて飾るとバラエティーに富んだ感じがします。
木製のフレームが一般的ですが、木製のフレームを使うときには必ずウィンドーマットとセットにして使うことが大切です。モノクロームの写真などを飾るときには、黒の木製の幅広のフレームに入れて飾るととても印象的で素敵です。ウィンドーマットの幅を広く取ると、特に写真に視線が行くので、インパクトがあっていいです。
絵を飾るときにも、その絵がどんな素材で描かれているかでフレームが変わってきます。もし油彩の絵の場合は、金色の装飾が施されているものが雰囲気が合っていいです。水彩画などの場合は木製のフレームが合うでしょう。
写真も絵もフレーム一つで見え方が違ってきますので、フレームはとても大切なものです。フレームが良かったら、中にある写真や絵も素敵に見えて来るので、上手なフレーム選びが必要です。お勧めフレームは黒の木製の幅が5センチくらいあるフレームで、最近の写真展などでもよく使われています。
それから、紙で出来たフレームも出ています。小さな写真などを飾るときにとてもいいもので、紙で出来ていて、イラストが描かれていて、見た感じも可愛らしくて、スナップ写真などを飾るのにとてもいいです。棚に写真をたくさん飾るときにはとても重宝するものです。
フレームにはガラスではなくアクリル板を使うと安全でいいです。飾る壁が窓に近かったら、カーテンのイメージと合わせるのも忘れないでください。