カラー

[1mあたりの生地価格]10800円/m   [幅]152cm
とても贅沢なタテ模様の幾何学です。ヨーロッパの雰囲気をかもし出したデザインで、優しい落ち着き感のあるカラーとしなやかな光沢のベースに緻密な織の曲線で美しい幾何学模様が載っています。ベースの地とライン部分のコントラクトが絶妙で、カーテンにしたときに最高級の贅沢を味わえます。手触りはしっかりかつ柔らかくしなやかです。エレガントや、クラシック、フォーマル〜と、ヨーロッパ風の基本が空間にたちまち広がります。1枚仕立てで、裏地は織り部分が出ています。日本製
[品質]ポリエステル100%   [厚さ]やや厚手タイプです。   [機能]ウォッシャブル 防炎
[カラー]f1093 ブルー f1094 ライトブラウン f1095 レッド 
[リピート]タテ4.2 ヨコ2.1cm   [寸法変化率]水洗い タテ-0.5%、ヨコ-0.5% ドライ タテ-0.5%、ヨコ-0.5%

自動見積もり・ご注文

生地番号選択
スタイル選択

詳細

/ / / / / /
ヨコ(cm)

cm   例)228(cm)
タテ(cm)

cm   例)210(cm)
数量

 窓分
開き方
フック
タッセル

今までに見積もりした生地

お見積もりした生地はありません。

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
インテリアとカーテン
インテリアコーディネートの代表的な失敗例は、家具類に統一感がなくバラバラというケースではないでしょうか。ダイニングテーブルやソファ、シェルフなど、リビングダイニングに配された1つ1つのアイテムは悪いものではないのに、それぞれの個性がぶつかり合ってしまって、まったくコーディネートになっていないという例が、けっこうあります。
またそこまでひどくなくても、たとえばシェルフとダイニングテーブルがミスマッチというような失敗例は少なくありません。なぜ、そういう失敗をするのか。それは、1つ1つのアイテムをばらばらに選んで購入してしまうからです。例えばこのラグすてきと思っても、それを実際に部屋に敷いたときに、ほかの家具と合わないこともあります。
そこで、もし新居に引越して家具をすべて買い揃えるという場合だったら、お勧めしたいのが、最初に家具を購入する店から決めるという方法です。今は個性的なインテリアショップがたくさんありますから、何店舗か回って、自分の趣味や感性にもっともフィットした店を1つだけ選択。そこで、すべてのアイテムをそろえれば、ミスマッチやバラバラ感は生まれようがないのです。
それでは、すでに住んでいる部屋の家具を一部だけ買い換える、あるいは買い足す場合はどうすればいいか。実際のリビングダイニングの写真を撮ってプリントし、インテリアショップへ持っていく、という方法があります。新しく買う家具やインテリアアイテムをその写真の中に加えたときに違和感が生まれないかを、その写真を見ながら吟味するのです。頭の中でなんとなく想像するよりも、そのほうがずっとリアルにイメージできます。ショップの店員さんに、写真を見せて相談してもいいでしょう。
この方法は、新居にすべての家具をそろえるケースでも使えます。物件の契約をした段階で、空の部屋の写真を撮って、この部屋に合うかどうかを考えながら選べば判断しやすいでしょう。家具だけでなく、カーテンとのコーディネーションも必ずしてください。