カラー

[1mあたりの生地価格]750円/m   [幅]100cm
ぱっとしたホワイトの織りレースで、細かい格子に織りで作った小さなドット玉が合わさっています。何気ない優しさと可愛らしさが共存した少し懐かしい感じのレース地です。
[品質]ポリエステル100%   [機能]ウォッシャブル  
[リピート]タテ0 ヨコ0cm   [寸法変化率]水洗い タテ-1%、ヨコ-2% ドライ タテ-1%、ヨコ-0.5%

自動見積もり・ご注文

生地番号選択
スタイル選択

詳細

/ / / / / /
ヨコ(cm)

cm   例)228(cm)
タテ(cm)

cm   例)210(cm)
数量

 窓分
開き方
フック
タッセル

今までに見積もりした生地

お見積もりした生地はありません。

コンフォートの特徴

特徴1
特徴2
カーテンとインテリア
カーテンと一緒に考える可能性のあるラグについての情報です。
人が一番最初に作った敷物はフェルトだそうです。動物の飼育をしていた当時、それらの毛を利用して作られました。また麻の平織りの敷物が作られ、麻のインテリア文化もおおいに栄えました。麻製のラグがルーブル美術館に完全な状態で展示されています。
遊牧民によってキリムが作られるようになると、その後西アジアで広くウールやシルクの敷物、いわゆるペルシャじゅうたんが作られるようになりました。今でもペルシャじゅうたんは手の込んだ高価なじゅうたんの代名詞になっています。ヨーロッパでもペルシャじゅうたんのような高品質のカーペットを作りたいと試行錯誤しましたが、西アジアに比べて人件費の高いヨーロッパでは、大量の人工がかかる手織物を作り上げることがなかなかできず、長い間成果が得られませんでした。
そして、ヨーロッパ人の念願かなって、安くカーペットを製作する手段として機械織りのカーペットが誕生したのです。最初は柄をつくることもできない簡単な織り機でしたが、型紙を使って柄物を織るジャガード機が発明され、その後さまざまな発明があって、産業革命期には有名なアキスミンスターカーペット、ウィルトンカーペットが生まれました。
今では色々な種類の製法のカーペット、ラグが販売されていて、価格もお手軽なものから豊富にあります。ソファーの下にソファー地やカーテンに合わせて選んでみましょう。